FC2ブログ

エンドウの9600

2017.04.01

家族がテレビでニコニコ動画でけものフレンズ一話を毎晩観るので、知能が低下し続けてます。
這いよれニャル子さんの原作七巻のある話がヤバすぎてsan値ピンチ。

予告通り?Nゲージのお買い物
DSC00579.jpg
んまぁ私の好きな9600なのですが、エンドウという珍しいメーカーのものです。
原動機モーターが炭水車テンダーの中に入っていて前は押されて走ります。トミックスの程ではないですが、中々奇妙です。
しかし、押されているだけなのにしっかりとロッドも回るので素晴らしいです。

そして美味しいところはボイラーと車輪の間がスカスカ。反対側が見えるのはとても好きです。
DSC00580.jpg
DSC00581.jpg
DSC00583.jpg
DSC00582.jpg
そしてよく見たら(一枚上の画像にうっすらと金色の物が映ってるのですが、ブログに上げてみたら自分でも判らんわ)ワールド工芸の発煙ギミックが入っているみたい...?
模型さん側の取説には詳しくはワールド工芸の発煙ギミック側の取説に書いてあるようで、正体不明。これ、空焚きしてたらやばかったりしません?

しかし一番の懸念はこれぶっ壊れたら修理できっかな...
発煙ギミックから前のオーナーさんは愛を注がれていると思いますし、私も大事にしたいのだけど...

私がいまだにNゲージ日記にしてる理由はこの環境にあり。

2017.02.02

いきなり二月になってしまい焦りを隠せないですが、今年も何かしら面白いものを作りたいです。というかプラモを使って大都会のカーチェイス動画作りたいです。

画像は載せられないので、文面だけになってしまいますが、...
さて私は去年の暮れにカトーの記念品C50を買いました。そしてめでたく[KATO Nゲージ生誕50周年記念誌]を送ってもらいました。
大晦日まで消印有効の応募で、年末期間よりも少し前位に申し込みハガキを送ったのですが私もすっかり忘れていて、思い出すともうぶっちゃけ届かなくても仕方ないのかもと思っていました。しかしそしたら関水金属さんに非があるような事を報告するしかなくなるなと困ってましたが、杞憂でした。
ところで記念品のC50は実際の機関車はかなりマイナーな機関車だそうで、8620という名車の改良型ながら使い勝手が多少下がったそうで...
しかし関水金属カトーはC50を世界に誇る機関車にしてしまったのですね。鉄道模型の世界で自分たちの技術力を使って。
それは模型趣味が本物の1/何だけ小さい上に実用性のない劣化コピーで、本物様あっての忠犬模型公なんて主従関係ではない、本物も模型もそれぞれ別々でかつ対等に、歩み支えあえる、ということを示していると思いますね。

私が最近多く製作している自動車模型は環境が劣悪の限りを極めていて、自動車の所有者からは自動車を買えない惨めな負け組の自慰行為扱い。メーカーは名車の名前を箱に記しただけのオモチャを高価な模型として何十年も無改良で陳腐化させ、モデラー側は塗色すら本物に準拠しなければ否定されるものでした。
日本で多くのNゲージャーがいるのはきっとC50から続く、この恵まれた環境があるからかと思いますね。

ワイオーゴーマルマルマル

2016.10.11

昨日の10月10日はお餅の日でたまこまーけっとの餅蔵の誕生日だって話をしたかったのだが、昨日は休日で稼ぎ時だったのでブログどころではありませんでした。ごめん

さて私の口座圧迫シリーズその2
購入前は「(テールライトが)えっ、光るの?」「そりゃ車掌車だからな」とか書こうとおもったのですが、そんなシンゴジラネタは万が一にも書きませんので国民の皆さんどうか安心してください...えっ室内も
20161009010905cf3.jpg
201610090109190ed.jpg
まさか室内灯までつくとは...
麦球とかでテールランプが光るだけでもすごいなと子どもの頃トミックスのカタログみて思いましたが、いつの間にか極小のLEDチップで室内までとは、やっぱ鉄道模型ってどんどん進化していくのね。やがては群隊化して大陸間を飛翔する可能性すらある!

しかしこの集電装置は潔すぎてどうなのよ!
201610090109122b9.jpg
いつでも調節できるので便利。

中身を分解してみた。
201610090109191b5.jpg
20161009010923fc3.jpg
とても精密でした。これが、貨物列車の最後尾なんですよ!
因みに組つけ時に集電バネが室内間を飛翔したので、半泣きで捜査中です。良くできた最後尾についての記事の最後尾がこんな内容なんて...

ダブリューエーエムユーサンゴーマルマル

2016.10.06

はまなみ了解。
車体に損傷を認めず、所有者照会を願う。
新製品を購入した。
すみませーんだれかいますかー
フライング購入ではありません。やはり新品か?

そして水蒸気爆発 上線(明朝体)

いつもの買ったあと何もレビューを書かず、うやむやになって終わってしまう率の高いNゲージネタですが、今度こそまともに書きたいよ。やっぱNゲージ日記ですし。
やらなくてもいいのにカープラモを作り、(Nゲージに)帰ってもいいですよと言っても帰らないあるいは帰っても早々に手土産を持ってカープラモ業界の悪口をいいに来る。最低ですよ。
あぁこの野郎はもうそろそろダメだ。そう思うよ。

TOMIX8704JNR Covered Wagon Type WAMU3500
20161003222716468.jpg
ワム35000(製造時はワム32000)
1917年(大正6年)から1925年(大正14年)製造。
鋼製の柱に木板。戸は初期のものは木製で後期製造車は鋼製になり後に木製から鋼製に交換されたものも。
後年は補強として鋼板の筋交いが設けられる
軸ばねの支持装置は、原設計では(一段)リンク式から後期製造車ではシュー式に退化。

この製品は後期型の補強改修版でしょうかね。


ポポンデッタさんより発売されている河合商会さんのものと並べてみました。
201610032227154cb.jpg
20161003222717659.jpg
河合さんの方が板一枚分低いので、ややずんぐりとした印象ね。個人的にはこの貨車にはノッポなIMAGEを持ってるのでTOMIXのが理想的なVISIONだから
ただ屋根がツルツルだったりとTOMIXはCLASSICな貨車っぽさがない。ここから先はWEATHERING♪もう石原さとみ風疲れたのでやめます。私にこの調子でブログを書くのは無理それがDOEのだした結論。
個人的には模型的に貴重と思われるシュー式の台軸なので、大正時代の貨車の種車にさせたいですね。このワム3500自体はリンク式(この際二段リンクでも許容)他の貨車と足回りを交換して補強材を削り、バッファー付けてワム32000としての製造初期に。余ったシュー式足回りは短縮させて別の当時風貨車にさせたいところです。
 

私も好きにしてます。

2016.10.03

ようやくコンスタントにNゲージ日記がかけてきている気もするが、良いことだと思う。ブログタイトルがNゲージに由来があるならそれで良いじゃないか。名前はついていることが大切だ。
しかし、それのせいかはたまたたまこネタがくどかったせいかアクセスが減ってる気もする
聲の形も観てきたので個別で書きたかったのですが、上手く言葉にできずというか無駄な気が(オイ)したので、諦めてここで良い作品なので絶対に観に行けとだけいっておく。もう逆に前からこんだけいってんのに観てない奴はしらん。
2回観ましたが、シン・ゴジラと君の名は。の二つももう一度観に行きたくて困っている。三作とも素晴らしい作品でしたね。
そんなわけで、
君の名は。2回
シンゴジラ4回
聲の形2回

さらに今年は特別公開の
映画けいおん!
たまこまーけっとセレクション
たまこラブストーリー
まさかの11回もわざわざ映画館で映画を観ている。とんでもなく無駄遣いな気もするけど、まっいいか夢だし。
映画館で映画観に行ったのなんかラピュタ阿佐ヶ谷の火曜九時関連作品公開を除くと小学校以来。多分夏のポケモン映画以来か?
※この文章は自慢話ではなく、最近映画館には行きませんとかいうナメたくそみたいなコメントは要りませんというフェーズドアレイレーダーです。
四の五の言わずに観に行ってこいよと、糞のコメントは糞だなというわけで、だから私もやり方変えたの。

さてゴジラのサントラを手にいれて大満足ですが、そんな出費に追い討ちをかけたのは忘れた頃に入荷したトミックスの新製品。
ワム3500とヨ5000です。二種とも貨車で、えっ動かないの?(そりゃ貨車だからな)ってなりましたが、これまた素晴らしく気に入ったので、個別に記事にしたいです。
20161003222711e19.jpg
ずっと宇宙大戦争の曲が頭から離れず大変困ってます。

そしてかなり際どい部分に映画のセリフとかぶちこんでますが、観てないひとが読んだらすごい内容になってるんだろうな。観たひとが読むと変なとこからセリフ拾ってきたなってなると思うんだけど。