FC2ブログ

レベルのベルUH-1のプラモの製作例見つかりませんでした…

2019.11.10

というわけでレベルのヘリコプターのキットです。
ベル社のUH-1ヒューイという軍用ヘリみたいです。日本でも陸自とかにいるみたいです。

西部警察に出てたのはベル社の206みたいですね。
獅子に怒りをに出演(PartIIIオープニングで有名な団長がヘリにしがみつく奴)したベル206B型JA9152は1999年に千葉県市原市でインペリアル航空として農薬散布中に墜落したそうです。
同じ会社のヘリですが、UH-1に比べて206の方が鼻先がとんがってるし、尾の部分がかなり上の方に生えててプロポーションがまるで違います。

個人的には無防備都市などに出ていたエアロスパシアルのAS350B(ユーロコプターエキュレイユ)の方が似ていると思います。
ちなみに拳銃シンジケートに登場したJA9222は1983年に北海道取材の帰りに墜落したそうです…
(無防備都市で爆散した奴はJA9223)

個人的には無理に改造せずにUH-1の朝日航洋カラーでいいと思ってます。201911102028302f4.jpeg
201911102028275e8.jpeg
これがキット内容です。部品点数が多くて胃もたれしそうです。
とりあえずでローター部を作ってたのですが、せっかくならここだけでも回ったら楽しいのではと思い、電動で回転するようにしようと考えました。
ローター部は右下の銀のランナーと左上の緑のランナーの部品を使います
20191110202826f5d.jpeg
キットそのままの時点で回転自体はするようになってましたので、軸の1番先にクラウンギアを噛ませ、タミヤのFA130モーターを噛ませました、直接付けたら出力不足で回らなかったのでホームセンターの工作コーナーとかにあるギアセットを使い、プラ板や角材でギアボックスを作り、減速させました。
ギアボックスの外面に変な凸がありますが、これはアオシマのキャリイのパネル部です。どうせ平にプラ板を貼るので必要ない上に、結構厚さがあったので流用しました。

201911102028285e8.jpeg
このスペースなら単三電池二つ分のギアボックスくらいは置けそうです。ただ、後ろ側に荷重が行き過ぎてます。

201911102028302f4.jpeg

単三電池一個だけで回してみましたが、一回転にスマホで撮って8コマ分もかかるので肉眼や動画にしみると良い感じですが、写真で撮っても止まってるようにしか見えないです。
写真は半透明にして2コマを重ねた合成です。一応羽が曲がってるので勢いはある事は分かってもらえると思いますが…ギアや軸部にグリスを塗って抵抗下げようと思います。

しかしこの機構を備える為に、ヘリ本体を分解出来るようにしなきゃいけないのですが厄介ですね。キットの時点で日活コルトのモナカタイプみたいなので、そのまま組むのが手っ取り早いか…スイッチだけは割らなくても付けられるようにはしようとおもってます。
スポンサーサイト