FC2ブログ

大友千秋さんから聞いた話

2017.07.31

埼玉自動車大学校のオートジャンボリー2017の二日目行きました。
遂に大友千秋さんに会えました!
因みにお話出来たのですが、興味深い話を聞けました。

西部警察に出てくる銀のRX7と黒のコスモAPについてあれは太陽を盗んだ男の車では?と質問したところそうだと大友千秋さん本人から答えが返ってきました。
・それぞれ二台は残した、RX7は渡瀬さんのドラマ(大激闘マッドポリス’80?)などにも使った。私にあげると言うので安めに飛んだのに結局最後まで来なかった。
・一台は長谷川監督が街で事故って廃車になった。
・太陽を盗んだ男の撮影では一度に3台潰した。チームの若いのに任せたらカーブで曲がりきれなかった。別の車でやり直したら今度は反対側を壊した。最後は電柱にクワガタになってさすがに撮影がストップした。

多くの人が西部警察のRX7とコスモAPって三石千尋とマイクスタントチーム繋がりで太陽を盗んだ男の生き残りではと考察されてましたが、その通りという事になります。おめでとうございます
20170731035504f5c.jpg20170731035522100.jpg
左は練馬58ふ71-24 右は品川57?97-60

20170731035455c21.jpg20170731035513f08.jpg
左は練馬57ね92-32 右は???32-54

二台いたのは知らなかったです…言われてから調べたらナンバーから確かにそれぞれ二台いるみたいです、みなさん知ってました?

またホットマネー攻防戦の現金輸送車のジャンプの話をしていたら意外な話が出てきました。
・下を走っているのは三石氏で愛車のベンツ300TD。当時はヤナセで購入して三百万くらいしたエンジンはディーゼル。
・死体役で引き上げられるシーンは渡哲也さんのロケバスでシャワーを浴びられたが臭くてキツイ撮影だった。役名は大友千秋ではなく千輝だけど、命名は美輪明宏さんにしてもらった。

まさか西部警察や大都会によく映ってるのでスタッフの愛車かと思ってたら三石千尋さんのだとは…それにしてもあの大ジャンプスタントの下を走るのは反対側の団長セドリックのドライバーさんにしてもベンツワゴンの三石さんも普通はかなり怖い事ですね…もしスタントに失敗して現金輸送車が自分の車の真ん前や真上に落ちてきたらと思うとかなり勇気がいると思いますが、それを自分の愛車まで使ってやるとはやはりスタントマンさん同士の信頼なんでしょうね。
あの役名にも逸話があったんですね。
因みに現金輸送車の車なんだったかとおっしゃるので盗んだ時はグロリアでしたがカーチェイスになったらセドリックになってましたといったら二台使ってたのは知らなかったとこのと…私も大雑把にしかみてないので二台なのは確かなんですが、セドグロ変わってるのもあってますよね?

そして大きな謎が出ました。私が西部警察から参加してるのですか?と聞いたところ
・大都会も最後の方に出た。
・横転してトラックぶつかるスタントをした。
・セドリックで屋台を壊してスピンなどをした。

後者はマイナス18度の恐怖辺りかもと思ったのですが、前者が不明。西部警察レジェンド13でも石原プロに売り込みにいったときにやったスタントとして横転してトラックにぶつかるというおそらく同じスタントについておっしゃってますが、大都会の撮影となると謎です。大都会partIIIでそのようなスタントは無かったかと思います。大友さんも本編は観てないそうですが…
そして今もしやと思うのが西部警察の拳銃シンジケートのゴールドのセドリックが横転してサングレイトにぶつかるスタント。もしかしたらあのシーンではと…
仮に大友さんの仰るスタントが西部警察の拳銃シンジケートとすると謎なのがなぜ西部警察ではなく大都会の撮影として記憶してるのか、大都会から西部警察まで撮った方々なら大都会と西部警察の記憶違いが起きるのはわかります(実際コマサがいつから爆破シーンなどを仕切るようになったかは大都会から仕切ってたというスタッフと村川透監督など西部警察から仕切り始めたと2つの証言があります)が、ほぼ西部警察から仕事を始めた大友さんがそこを記憶違いで大都会の撮影に関わっていたと仰るとは考えられないので、あのカーチェイスは西部警察ではなく大都会として撮られたのかもしれません。
ホットマネー攻防戦の大都会予告編使用なんかもありますが、西部警察10話代は大都会として撮られてたのかなと思います。または大都会と一緒に西部警察も撮影したとか…
また謎が増えましたね。これが解けるとホットマネー攻防戦の予告編やスチル写真不明の謎も解けそうですが…

最後に、スタントにあてがわれる車は石原プロ側から持ってこられた車だそうです。特にどの車もやりづらいなどは無かったとのこと、わたし的にはコラムよりフロアシフト、330より230、スタンダードより中級グレードなどやりやすい車とやりづらそうな車とありそうですが、プロのスタントマンさんにとってはどんな車も楽に動かせてこそなのかもしれないですね。やっぱり本物のプロはすごいです。
スポンサーサイト