FC2ブログ

SANSANゼロ

2017.04.08

SAN値ピンチなタイトルですが、ただのサンサンマルです。

明日から学校です。因みに昨日は学費免除試験で無駄に気を使い過ぎ、そのあと20時間位寝てしまった。
結局デートには行けませんでしたよ。内心嫌われてんだなきっと...もっと爆破属性を鍛えて部位破壊を狙うべきだと思います。
ブログは更新は増えたが最近ネタにはしりすぎてて何が何だかになってないか不安がある。
ただでさえ少ない観覧者にアンケートを取ったとしても恐らくは...
意味がわかりますか?
[はい 99.9% I いいえ 0.1%]
というこいつナワバリバトルのやりすぎで頭がって結果になりかねない。
そもそも客層が分からないのに分かるか分からないか分からないと分かった。

そういや[もっとも危険な遊戯]って単語が出てきたのですが、あの松田優作主演の映画のパロディでしょうか?
出てきたのはアニメの這いよれニャル子さんWなんだけど...

さて330のプラモとかについて駄弁る。
20170406230804b4a.jpg
例のハードトップはまだ完成してません。というかなにも進んでません!
そういえば、件の私が目の敵にしている模型雑誌のセドグロのプラモのコンテストに実は知人の送ったのが、何故か採用されなかったっぽい。
誌面には一台も載らなかったS6型のグロリアなのに本当に無能な雑誌だこと。
毎号一応手にとっても、内容はすんぽーがーとかぷろぽーしょんがーとか言ってる縮小物厨の文とかヨンメリのキャビンをわざわざ他の車に移植する必要性が理解出来ない様なだらしない記事ばっか(あくまでモデラーと作品には批判してないからな、勘違いするなよ?)
そんでコンテストも痛車は呼んでませんみたいな態度とか、もう歳だからはやく引退したほうがいいような...
なにより私にコンタクトを取りに来ないのが許せないんだよ!(いつもの)

傲慢さを見せつけたところで、左の330黒パトはもうすぐ三歳。車検かぁ...
西部警察静岡ロケ風に...
20170406230807300.jpg
実際の団長セドリックはこのあと亡くなったんだよね。

ドアは開かないが、いつものセダンも増殖中。
201704062307232bb.jpg
昔は屋根のど真ん中を四五センチのばして、リアピラーはフルスクラッチしてましたが、延長部は後ろの方に移してピラーを骨組みとして間に一ミリ間に挟んだ上で表面はパテで平らに(ピラー後部の角度変更に伴う隙間と屋根のかさ上げの角度によるズレを消すため)
もうこの際めんどいのでサッシュは前作った奴の型どりコピー。

その型どりドナーは白パトカーにしたく、とりあえず黒に塗ってそのあとエアブラシで上を白に塗ろうかと思ったのですが...やたらと綺麗に塗れたので、このままでいきました。
お陰で前期後期もグレードも全く決まってません。ボディはセドリックなんですが...私の黒パトで印象に残ってる個体は大都会の団長セドリックのGLとデラックスを除くと...
・暴走トラック炎上の北条スタンダードパト
・北海道のオロフレ大戦争から持ち帰った八丈島から来た刑事を迎えた護送仲に鳩沖が教われるSGLパト
・狙撃で偶然追ってた犯人を偶然停車出来たがバックターンの際に偶然通りかかったダンプに激突した大将鳩スタンダード
・マシンZに教われる良純大将GL
とまぁ全部グロリアになるわけで...まいった。
しかも黒パトになったとしても、カーチェイス動画の二話目の冒頭(まだ一話も撮ってないのに二話目の予定がある)カーチェイスでスタント要因で使えたのに、小綺麗すぎてつかえん。
20170406230808eac.jpg
いまついでに作った前期スタンダードグリルを付けてこんな感じになってます。
バンパーのニッパチオーバーライダーはノリで付けました。ノリで付けたと書きましたが、接着したのは両面テープです。一応補足

全く関係ないですが、個人的に西部警察で330が230より破壊されなかった理由って屋根が弱かったとか排ガス規制で遅かったとかあるとおもうのですが、それとは別にガラスがよろしく無かったのでは?
本編みてると230って銃撃されるとガラスが一面粉々で真っ白になるじゃないですか?それを警官が銃で払い除けたりとかいうシーンもありましたよね。一方330は多少ヒビが入る程度で地味では無いですか?
強化と合わせの違いだと思いますが本編内でも330の窓割れたのは少ないかと...
となると例の護送の黒パトは割れかた的に粉々になってるので強化っぽいですが何故あの車だけ合わせガラスでは無かったのか?しかも八丈島から来た刑事で一回窓が地味に割られていて、その時は合わせガラスだったはず?まさかガラスを230の物をドナーにできる?

さて話は戻って、余ったボンネットがあったので、切った張ったで痛ましい姿を再現。
20170406230744461.jpg
微妙に男前にみえる。

そういえば、230と330の事を書きましたが、230ではこの記事に載ってるようなスタンダードにオーバーライダーが付いた謎仕様が出たことがありましたね。
あの松田優作主演のもっとも危険な遊戯で...
※まさかの最初の方のニャル子さんのが今回の伏線。

それにしてもはじめから一人芝居だったなぁ...演じた俺の若さよ(これは二作品目の殺人遊戯)


追記 4/7日
そして今日。学校ヤダ。
およそ一ヶ月ぶりの再開に欲望は言葉にしなくちゃ消えちゃうでしょうと太陽が言った気がしたので、そのようにしたら当然失敗しました。
楽しい放課後ティータイムに誘ったのですがなんなく帰られてしまい、大都会のサントラを聴きながら資材探しにダイソーがあるショッピングモールに行ったらたまたまばったり。
幸せを思うことっていつぶりだろうか...デートの予定を日にちが決まり、良い。
20170408010505479.jpg
長くなったが、そんな高まる思いで近くに転がってた330ももう一台犠牲にさせた。

古参かつ現在でもリーズナブルに入手出来るキットをベースにボディ型式を変えたり、そもそも違う車種にすることを得意としている私としては、如何にベースを少ない箱で少ない改造点で作れるかが上手いか下手かだと思う。
ある車の上に別の車の屋根を移植する改造として...というのもその時点で二箱を使い、さらに結局屋根に多くの加工を施していたとする。[そこまでなさるのなら下側の屋根を改造しては駄目だったのですか?]という質問ついてもっともらしい反論が出来なければ記事として評価に値しないただ無駄な加工をしただけといえる。
使ったキット数と作業工程を増やすことが美徳というなら、キットを三箱位買ってきてそれぞれメチャクチャにこわして、それでフランケンシュタインな一台にするってのと極論変わらないのでは?
どうしても最近のモデルカーズの記事からは同じことをしてる事が多い気がしてならない。

私の作例も完全ではないが、出来る限りの事はやってその上であえて元の模型のよさを残したりと、落とし所を模索しながら頑張ってます...
そしてLOVEをクラフト闘いながらね
スポンサーサイト