FC2ブログ

私がいまだにNゲージ日記にしてる理由はこの環境にあり。

2017.02.02

いきなり二月になってしまい焦りを隠せないですが、今年も何かしら面白いものを作りたいです。というかプラモを使って大都会のカーチェイス動画作りたいです。

画像は載せられないので、文面だけになってしまいますが、...
さて私は去年の暮れにカトーの記念品C50を買いました。そしてめでたく[KATO Nゲージ生誕50周年記念誌]を送ってもらいました。
大晦日まで消印有効の応募で、年末期間よりも少し前位に申し込みハガキを送ったのですが私もすっかり忘れていて、思い出すともうぶっちゃけ届かなくても仕方ないのかもと思っていました。しかしそしたら関水金属さんに非があるような事を報告するしかなくなるなと困ってましたが、杞憂でした。
ところで記念品のC50は実際の機関車はかなりマイナーな機関車だそうで、8620という名車の改良型ながら使い勝手が多少下がったそうで...
しかし関水金属カトーはC50を世界に誇る機関車にしてしまったのですね。鉄道模型の世界で自分たちの技術力を使って。
それは模型趣味が本物の1/何だけ小さい上に実用性のない劣化コピーで、本物様あっての忠犬模型公なんて主従関係ではない、本物も模型もそれぞれ別々でかつ対等に、歩み支えあえる、ということを示していると思いますね。

私が最近多く製作している自動車模型は環境が劣悪の限りを極めていて、自動車の所有者からは自動車を買えない惨めな負け組の自慰行為扱い。メーカーは名車の名前を箱に記しただけのオモチャを高価な模型として何十年も無改良で陳腐化させ、モデラー側は塗色すら本物に準拠しなければ否定されるものでした。
日本で多くのNゲージャーがいるのはきっとC50から続く、この恵まれた環境があるからかと思いますね。
スポンサーサイト