FC2ブログ

ゴキブリ刑事の感想

2015.09.26

せっかくだしなんか書こう。
20150926023922fe9.jpg

20150926170246bbd.jpg
20150926170544569.jpg
渡哲也氏の鳴神涼。
西部署の大門か城西署の黒岩部長刑事にしか見えないが、もみあげがやたら目立つのでわかる人はわかる。
後ろのダンプに秋田と書いてあるが、舞台は茨城県のゴキブリ狩りに来た。

愛車はタテグロことS6型グロリア
2015092617025252f.jpg
20150926170251518.jpg
201509261705518d7.jpg
多分最初の方の型。
特にハードなスタントは無く、映画ラストはこの車で検問を突破(必要性は不明)と活躍する。
個人的に渡さんには最も相応しい車だと思う。これについては語りたい所だが割愛。


カースタントは前期S50クラウンとダンプカーのカーチェイス。
クラウンは、眉を剃り下ろして二枚目にしてやった御礼として城西署の弁慶から借りた(※返すとは言ってない)車である。
20150926170236a4f.jpg
20150926170242390.jpg

映画内容だが、ストーリーは個人的にはザ・ゴキブリの方が好きであるが、演出とかはこちらの方がおもしろかった。
ネットではグロいシーンが多くて嫌みたいな意見をきくが、グロというよりバイオレンスの追求と拘りであって良い意味で受け入れられるシーンであった。(実際過激な表現ではあるので注意)
特にラストの鮫島との決着は鳴神が銃の引き金をひいて銃口が火を吹くと同時に鮫島の後頭部から血肉が吹き出し髪が散る。発射と着弾が同タイミングで行われる上に人体頭部の弾着はこれ撮りたい為だけに映画ラストまで作ってたんじゃと思うくらいの拘り。


因みにお気に入りのシーンは結婚式の下り
20150926170550255.jpg
鳴神と鮫島組のやりとりで、不必要に画面中央に割り込む郷鍈治氏。
台詞のある組員とおまけにスクロールしてきて無言でドヤ顔で爪を磨きながら謎のインパクトを放つ。鳴神(もはや渡哲也)がナンダコイツみたいな顔する始末。しかも一回突き返されても懲りずに組長の影から出てくる。このウザさ(いい意味でね)は是非ともDVDで確かめて頂きたい。惚れる
因みに自分の爪は綺麗に研いでいるが、後にゲロった部下の爪と皮膚の間に針をさす拷問を決行して爪を割らせている。

私的な話だが郷鍈治氏って私が見てる西部警察や大都会では闘いの日々の急行十和田2号の組長でしか出てないので余り見かけてないのですが、大都会PARTIIIの牧野次郎役に想定されてたそうで、気になるところである。
因みにどっかで見たことあるなと思ったら化石の荒野のカーチェイスで渡瀬さんを逃がすためにローレル運転してる人だったw
スポンサーサイト