FC2ブログ

1月22日追記 330セドリックセダン〜ドア篇〜

2013.12.04

アオシマ330セドリックHT改330セドリックセダン制作


10/30
ドアの内張と激闘‼
この写真を、撮った時では、ずれてますが、なんとか、バランスのよい配置を見つけました。
2013103021073910d.jpg

ドアの切断面には、隙間があるので、1mmのプラ角材付けると、凹まない
写真は、付けてない時
20131030210732119.jpg

窓枠を仮造り
これを採用で、いいかな〜
201310302107424ac.jpg

これから、330セドリックセダンのドア関係は、逐次この記事で、追加していきます。

アオシマの430セダン
amazonによると、11/2発売だそうです。
楽しみですな〜
※この記事を書いている時、高校のテストを控えてます。
他の通販サイト10月31でした。


11月13日
リアのドアの開閉実験
201311132332138a0.jpg
ドアに真鍮パイプと、真鍮針金で、リンクとバネを作ります。
本体とは、付けていないので、指でつまんで固定

2013111323321781d.jpg
20131113233221f60.jpg
201311132332229b8.jpg
とりあえずOKということで…

実は最近数日間330セドリックセダンへのモチベーションが、下がり気味で…
ちょっと作りたい衝動にかられた車種(ヒント=クジラ)が、あり、そちらと並行で、作っていきます。なので、のんびりになると思います。
多分大都会Part3を観てないからかな。
二週間もすれば、以前のほぼ毎日更新のモチベーションになってると思うのでご安心‼





11月16日
とりあえずサフを吹いて印象チェック‼
20131116215821891.jpg
思いの他隙間が目立ちません。黒に塗りたいので、尚更目立たないかな?良く分からないです。
リアのアーチの所は修正しないと…プラ板一枚分削っておいたのにプラ板を、貼って無かったです。
今だから打ち明けるとドアを切るとき、ニッパーやぶっとい100均のピンバイスを使ったので、断面がボコボコで、しかも、パテで埋めず、ヤスリで削ってしまったので、隙間が、広がってしまったのです。
我ながら、因果応報とは、このことです。

前回モチベーションが…とか言ったのに、もう回復したようで、どんどん作っていきます。


11月22日

作っていく、うちに、おかしなところが…

後部座席が、デカくないかと思う…
20131122203958d04.jpg
20131122204009169.jpg
実車も前の座席より幅が、広いようですが、いくらなんでも…
↑のとうり、ドアの断面部にまで、到達してます。

20131122204002940.jpg
201311222040018fd.jpg
↑ドアパネルは一ミリ厚みをつけますので…



切り落としました。座席はどうしましょう?真ん中切って繋げるには、誤差に近いサイズだし…
個人的には、座席パーツの底が広がってるせいでは?
なので、したすぼみにすれば、大丈夫かな?
201311222053477dd.jpg

一週間前から始めたのですが…

クジラ製作開始‼

自分でもなに言ってんだか…
形が、出来てきたら、アップしようかな〜〜



12月1日追記
20131201174029038.jpg
リアドアの形状変更です。
↓のラインです。
20131201174520543.jpg
合成ソフトとか使ったらよかったのですが、無いので針金で…伝わりますよね。
あと、リア本体のラインも、出っ張り過ぎたので、削りました。そこだけサフが落ちてるとこです。

ところでドア篇とかやってますが、内装に手を加えているとこもあったりします。
自動車は、沢山の部品と機械が合わさって一台で、分けて考えるのは、以外と難しいようです。
これからブログの記事構成どうしましょう?

12月4日追記
今までの製作記に、書いたことで、誤りが、ありました。
内張にドアが凹まないようにプラを挟むとしましたが、挟むと、ドアが開閉出来なくなります。
実車も、大体同じくらいの隙間があるのでキットの床面の凸部の位置でOKです。

また、リア本体のラインが、出っ張り過ぎたので、削ったと書きましたが、セダンもHTと同じくらいのラインがあるので、キットのままで大丈夫です。私は既に形状が変わっしまっていたので、どっち道修正しないといけないことになってたんですがね…

1月22日追記
久しぶりに、なってしまいました。
前ドアも、作って、開閉させました。
2014012217500705a.jpg
20140122175007d78.jpg
干渉しないので、前ドアだけ後ろドア開けも自然にできます。

20140122175006a81.jpg
一応90°程空きますが、かっこよくないです。

20140122174956031.jpg
ドアは、接着せずに、差し込み式にしました。


前に、ドアにバネをつけるといいましたが、あれは嘘だ!
上手く作れなかったので、やめます。
利用法としては、閉まっているとき、開いているときの安定を保つというものでしたが、わたしにはできませんでした。
最低ですよどうにもなりません。←ぼさっとしてないで手だてを考えろ‼
というわけで、ドア篇は、終了します。
次は、ボディ編です。
もう一部は手も付けているので、思い出しながら書いていきます。