FC2ブログ

Twitter始めました

2020.01.02

一時の迷いで始めました。
https://mobile.twitter.com/ryoppiof9scale
好き放題かけるので良いですね。

タイムライン貼りました。デカくて邪魔です
プロフィールがいつまで経っても高校生だったのでなおしました。
スポンサーサイト



貨物線のジオラマとか…

2020.01.01

洗車場に連れて行こうとしてラパンを飛ばしたところタイヤがホイールから脱落して可哀想な事になりました。しかも前輪だったので交換も面倒な事になりました。そこら辺の空いてるとこに止めさせてもらって車載工具だけで22分で終わったのでだいぶ上達しました。バックスピンターンはやらない方が良いですね。
家に帰って来たらミラジーノがバッテリー上がって動かくなってるはで、今日は厄日かと
ウチの車は全車私が整備担当なのですが、1日に二台もイカれたのは初めてです。
何故か動かしてないセドリックはエンジンの調子的には元気そうです。

何となく昔の刑事ドラマって130と縦グロのパトカーが貨物線の倉庫でアメ車のヤクザと銃撃戦みたいなイメージがあります。(そんなシーンのある映画見た記憶無いのでおそらく何かの思い違いですが…)

1/24サイズの鉄道模型があったら楽ですが、基本Nゲージに、大きくてHOのこの国でそんなに大きい鉄道模型を探すのは現実的ではありません。どうしたものか…
スケールが多少違ってもいいと思って探した結果、見つかったのはミリタリージオラマ用の1/35の線路や戦車搭載用の貨車です。
201912311950511a4.jpeg
サーベルモデル
35B06-B 鉄道用線路&まくら木 71.42cm

嬉しいことにヨーロッパの線路です。あっちの標準軌は1435mmです。(日本の線路幅は狭軌の1067mm)
標準軌を1/35にすると41mmです。
私が求めている狭軌の1/24は約44.4mmですので、誤差3〜4mmです。これなら実際だと8センチ大きい位なので違和感もほとんどありません。
そう思うと9mmのNゲージって狭軌を1/150すると7.1mm位になるのにかなりデカいですよね…実際より30センチもデカいんですよ

というわけで、ジオラマに鉄道も敷ける事になりました。
ミリタリプラモは結構1/24スケールに流用出来るのでいいですね。今回は日本と海外の規格の違いを利用して誤差をほぼ無くせましたが、動物とか木箱とか工具なんかは小さくても気にならなそうです。

アオシマのブタケツのケツ

2019.11.02

GYAOで西部警察が無料で公開されてて、資料として観てます。何気に話数追って観られるのは初めてです。
私の場合は大体ようつべ違法視聴世代からDVD世代なので、話数順にDVDが出たりチャンネル銀河やBS11で放送された大都会と違って西部は半端なセレクションでしっかり通しで観るのが返って難しい時期でした。(もう少し早ければファミ劇、遅ければ配信で通しで見てたかもしれないです)

DVD世代にありがちな事(偏見)
無防備都市の予告編のナレーションが初回だけ気合い入ってあのテイストと思ってる。
木暮刑事のテーマをよく聴く曲だと思ってる。
大都会闘いの日々は1話と3話だけは観た。
おっぱいが映って感動した。
スペクトルマン流用曲の装甲車のテーマのスローアレンジを知らない
有名なゲスト出るアクション無し回ばかり観たので思ってたより爆発と車壊してないのを知ってる。1話平均20台は盛りすぎと思ってる。
アコちゃんの誕生日が夏と冬にある事を知らない。
西部のPart3後半は観てない。西部のDVDがレンタルされるのをドキドキしながら待ってたのに大都会の方が良いとか言い出す。
中西良太が一回きりのゲストだと思ってる。(自動車泥棒の人って印象しかないので、七曲署含め良くタンクローリーで暴走してた事を知らない)

アクション傑作のの4号岸壁や謀殺が観られず、意外と痒いところに手が届かない思いをしました。

即位礼式殿の祝日は、運の悪い事に次記事にしたかったポンティアックも330グロリアもおうちに置いてきてしまい、たまたま寮の倉庫に置いてあったブタケツローレルに手をつける事に…
マーク2に改造出来ねぇかなと思って買ってきた物でしたが、普通に組みます。

基礎事項として、アオシマのブタケツはハッチバックになってる事で有名です。後ろが一直線なんですよね。
最近のセダンはクーペを意識した結果逆にハッチバック風でダサいですが、70年代もややセダンらしくないテイスト自体は流行ってたのでしょうか?
201911020012014ee.jpeg
20191102001233c88.jpeg
お気楽にトランクだけを整えようと思います。幅を詰めて、長さも詰めて、フェンダーのサイズにボディのラインも徹底的に拘る事は模型雑誌か、ホビーショーに出る位気合の入った実車所有者の方がやってると思うので…(こっちは西部の白パトだけでブタケツ3台はネタを抱えてるからそれどこじゃない)
2019110200123665c.jpeg
個人的に何より気になるのがトランクの長さです。というわけでトランクを切り離して、残ったケツを垂直に切断して、それを一ミリ強持ち上げて接着します。間をパテで取り持たせて、自然に仕上げれば私の気に召して、なんかやった気になって終わりです。
もっと簡易的な方法で、ヤスリで角を削ってピラー角の見た目を調節する方法がありますが、それも行ってます。

ポンティアック塗ってからその後330塗ったのですが、エアブラシのビードルを止める部分がポキっと逝ってダメになりました。
ウチのエアブラシの中では最も長生きしたと思いますが、アキバで二千位で買った中国製なので、気を落とさずに新しいエアブラシ買おうと思います。

…とここまでが先々週の内容で、通信環境とかで公開出来ませんでした。
先週末もデカイネタ作ったので明日かけたら書きたいです。

レベルのベルUH-1のプラモの製作例見つかりませんでした…

2019.10.10

というわけでレベルのヘリコプターのキットです。
ベル社のUH-1ヒューイという軍用ヘリみたいです。日本でも陸自とかにいるみたいです。

西部警察に出てたのはベル社の206みたいですね。
獅子に怒りをに出演(PartIIIオープニングで有名な団長がヘリにしがみつく奴)したベル206B型JA9152は1999年に千葉県市原市でインペリアル航空として農薬散布中に墜落したそうです。
同じ会社のヘリですが、UH-1に比べて206の方が鼻先がとんがってるし、尾の部分がかなり上の方に生えててプロポーションがまるで違います。

個人的には無防備都市などに出ていたエアロスパシアルのAS350B(ユーロコプターエキュレイユ)の方が似ていると思います。
ちなみに拳銃シンジケートに登場したJA9222は1983年に北海道取材の帰りに墜落したそうです…
(無防備都市で爆散した奴はJA9223)

個人的には無理に改造せずにUH-1の朝日航洋カラーでいいと思ってます。201911102028302f4.jpeg
201911102028275e8.jpeg
これがキット内容です。部品点数が多くて胃もたれしそうです。
とりあえずでローター部を作ってたのですが、せっかくならここだけでも回ったら楽しいのではと思い、電動で回転するようにしようと考えました。
ローター部は右下の銀のランナーと左上の緑のランナーの部品を使います
20191110202826f5d.jpeg
キットそのままの時点で回転自体はするようになってましたので、軸の1番先にクラウンギアを噛ませ、タミヤのFA130モーターを噛ませました、直接付けたら出力不足で回らなかったのでホームセンターの工作コーナーとかにあるギアセットを使い、プラ板や角材でギアボックスを作り、減速させました。
ギアボックスの外面に変な凸がありますが、これはアオシマのキャリイのパネル部です。どうせ平にプラ板を貼るので必要ない上に、結構厚さがあったので流用しました。

201911102028285e8.jpeg
このスペースなら単三電池二つ分のギアボックスくらいは置けそうです。ただ、後ろ側に荷重が行き過ぎてます。

201911102028302f4.jpeg

単三電池一個だけで回してみましたが、一回転にスマホで撮って8コマ分もかかるので肉眼や動画にしみると良い感じですが、写真で撮っても止まってるようにしか見えないです。
写真は半透明にして2コマを重ねた合成です。一応羽が曲がってるので勢いはある事は分かってもらえると思いますが…ギアや軸部にグリスを塗って抵抗下げようと思います。

しかしこの機構を備える為に、ヘリ本体を分解出来るようにしなきゃいけないのですが厄介ですね。キットの時点で日活コルトのモナカタイプみたいなので、そのまま組むのが手っ取り早いか…スイッチだけは割らなくても付けられるようにはしようとおもってます。

西部警察 マーキュリークーガー のファイアーバード

2019.09.29

ヤフーブログが終了するそうで、お世話になった方(童心回帰のWILD HIP38さん)にお礼の一言も言えなくて申し訳ないと思います。私はこれからもプラモなどで活動してくのでみててくれてたら嬉しいなとか思ってます。
あと、個人的に新しくブログかホームページ開設して、カープラモの記事はそっちにしたいなと思ってます。そうすればこっちは鉄道模型と日記に出来て、これからは検索の邪魔(鉄道模型とカープラモの検索結果で双方あべこべで出てきてしまうことが多々あったので)にならないと思ってます。二つ作るやり方知らないんですが…

というわけで西部警察の大爆走スーパーマシンに登場した、マシンXの宿敵マーキュリークーガー…
20190929024423179.jpeg
難点がこのボンネットのファイアーバード(不死鳥?)
本編を見直したのですが、しっかりと映ってないです。何故かこのシーンだとアヘ顔ダブルピースみたいだし

そこで前回追記にチラッと載せたように現物あわせで原画を書きました。燃えてる時とヘリからの空撮とリキさんをボコってる所を参考にイメージで書きました。
201909290245156a1.jpeg
そして、コネを発動して絵描きを買収!デジタルに書き直してもらいました。
描いてくれた人曰く普通に無料ソフトだから、液タブと最悪コピー機あれば出来るそうなので、設備投資は難しくはなさそうです。

これをミラクルデカールにありったけ写してもらいました。リテイクしやすいようにと誰かにおすそ分けできるようにです。1/24でマーキュリークーガー作る人はいないと思いますが…
20190929024506c10.jpeg
ディズニーランドのホーンテッドマンションの壁紙みたい

これを適当にハサミで切って張り付けます。
2019092902450601a.jpeg
ちなみにこんなキツキツにやったのと、クリアーの吹き付けが足りず、二羽失敗しました。

3度目の正直でようやく出来ました。マシンXもトラックに気付かず、二回逃げられてたし、そういうもんですよね(テキトー)
かなり透明部残ってる上に、その透明部が浮いてます…なんとかします。
20190929024503096.jpeg
上の画像はカラーと明るさをいじってます。デカールの貼ってある場所が見やすいかなと。
今まではここまで極端では無いですが、画像加工は結構な頻度でしてます。ポリパテ関係の盛った場所や切り継ぎの接合部をあえてわかりやすくする為ですね。コントラストを高める為にカラーを強めたり暗くしたりしてます。
前回も1枚目のボンネットのサフ吹く前の画像は加工してます。下のパッケージの色がおかしくなってるので、勘のいい人は気付いたかもしれないです。

グリルを作らないといけないです。予定ではかまぼこ型に加工したプラ材に伸ばしランナーを接着していきますが、上手くいくかな?